抗アレルギー薬はどの範囲まで有効?

アレルギーといっても一概にまとめることは出来ないくらいたくさんの種類が存在しています。そして抗アレルギー薬はどのようなアレルギーに有効なのでしょうか?詳しく見てみましょう。

抗アレルギー薬はどの範囲まで有効?

食物アレルギーに抗アレルギー薬は有効か

慢性的に起こり得る食物アレルギーに対しての抗アレルギー薬は、それぞれの体調に見合った投与が条件になっていきます。アナフィラキシー現象を食い止めていくためにも、速効性があって効果も高い薬が必要になるのです。また二次的な反応の有無も確認していくことが重要であり、刺激の強い抗アレルギー薬を控える方が望ましいという例も報告されています。そういったこともあり、症状が発生したならば早期に医師に診察を依頼することが重要になるのです。
食物アレルギーの患者の多くは、何らかの成分に異常に反応しやすい傾向を持っているので、大人になる前にその原因をしっかりと解明しておくことが大切です。医療機関で処方される抗アレルギー薬の多くは、錠剤タイプや注射によって症状を緩和させるものが多いため、定期的に治療の推移や兆候を見ておくことも求められます。さらに医療機関での説明や動画を確認して、アレルギー性に強い体を日頃から作っていくようにする部分も大切となるのです。全く同じ食物を口にしてもアレルギーが出る人とそうでない人がいるため、各々が個人差があるという認識をしっかり持っておくことが鍵になっていくのです。
以上の事柄を冷静に振り返れば、アナフィラキシーの反応の詳細やアレルギーに苦しむ方の生活状況などを把握していく段階にもつながります。その多くは小さい時期に発症していくことが多いので、まずは親が正しい知識を得ることができるよういろいろな場に参加していくことが大事になるのです。またアレルギー疾患に関する取り組みや関連するガイドラインも積極的に世に送り出されているため、そういった内容にも時折触れていくことが重要になっていきます。

抗アレルギー薬の副作用

抗アレルギー薬の副作用には、さまざまなものがあげられています。その中には悪夢というのがあります。気付いておられましたか?知らない方はとても驚くことでしょう。元々、悪夢というのは精神的に不安要素のある方におこる症状とされています。今の時代、抗アレルギー薬を服用される方は少なくありません。服用後で、少しでも心配なことがある場合は医師や薬剤師に相談されるといいでしょう。抗アレルギー薬の中でもアレグラは良く効くと言われています。アレグラの効能を期待するか、または悪夢を見るという副作用の影響を受け入れて服用されるのか難しいところです。アレルギーの発症には、ヒスタミンという物質が関係します。アレグラは、そのヒスタミン受容体をブロックすることで働きを抑え、アレルギー症状を緩和してくれます。しかし。これは対症療法にすぎませんのでアレルギーの原因そのものを治しているわけではありません。また持病やアレルギー体質をお持ちの方は診察の時に医師に伝えるべきでしょう。また他のお薬を併せて服用されている場合も医師への報告をお願いします。抗生物質のエリスロマイシンとの併用はとくに注意してください。薬の血中濃度が上昇する恐れがあると言われています、実際に服用開始すると、効果が見られます。しかし確かな効果が得られるまでは数日かかることもあります。持続的な服用で効果を確認してください。アレグラにもOD錠があります。これは口腔内崩壊錠で水なしでも飲めます。舌の上で唾液にしみこませ、軽くつぶしてから飲み込むようにしてください。ここで気をつけていただきたいのは、寝ながらの状態で服用される場合、水なしでは飲まないようにしましょう。稀なことですが、服用時の初期症状などはとくに注意してください。そのようなことをふまえた上での服用をおすすめします。

アレグラのドライシロップが発売、効果は?

抗アレルギー薬とは、アレルギー発作を起きにくくするための予防に使われる薬です。使い始めてから万全の効果を発揮するまで、早くても2週間から3週間を必要とし、一般的に1か月程度の時間を必要とする薬が多いので、発作が起きる前にあらかじ服用しておく事が重要です。喘息などの急激な発作を起こす可能性があるアレルギーには、他の抗炎症作用の強い薬と併用されて使用されますが、花粉症など比較的軽度のアレルギーでは、単独で十分に使えます。抗アレルギー薬は、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚のかゆみなどの症状を緩和しますが、対症療法薬であり根本的な原因を治療する薬ではないのに注意して下さい。

抗アレルギー薬は他のアレルギーに対する薬よりも副作用が少ないのが特徴で、重篤な副作用がほとんど起きないため、服用が長期間になる場合も安心です。また、抗アレルギー薬のアレグラは、眠気の副作用が無いため、車の運転や精密作業・機械作業を行う仕事の人でも服用できるのが特徴です。

アレグラには、主成分を固形状に加工した水で飲む錠剤と、水なしでも舌の上で潰し飲む事ができる口腔内崩壊錠のバリエーションが存在しました。それに加え、甘味のある液体状で飲めるドライシロップが発売された事により、錠剤を服用するのが難しかった小児が利用できるようになりました。錠剤と口腔内崩壊錠の場合は、7歳以上の小児ならば服用できましたが、ドライシロップは月齢6か月から飲む事が可能です。薬効は錠剤のアレグラと変わりなく、6か月以上2歳未満の小児はドライシロップ0.3g、2歳以上7歳未満の小児には0.6g、12歳以上の小児と成人は1.2gを、1日2回経口投与します。

<花粉症に治療薬はこちら>
ザイザル
<有効範囲の広い抗アレルギー薬>
セチリジン