アレルギーといっても一概にまとめることは出来ないくらいたくさんの種類が存在しています。そして抗アレルギー薬はどのようなアレルギーに有効なのでしょうか?詳しく見てみましょう。

抗アレルギー薬はどの範囲まで有効?

病院での薬物アレルギー治療の難しさ

薬物アレルギーとは、薬物治療において用いられる薬が原因で引き起こされるアレルギー症状のことを言います。
主に鎮痛剤や解熱剤、抗菌剤などの使用により、発疹などが現れることがあります。
また、CTなどの検査の際に用いる造影剤も多少の懸念が持たれます。
薬物アレルギーはある意味、薬剤による副作用でもあり、これを抑えることは主作用を含む治療を中止するか、治療方法を変える必要があります。
一般に、漢方治療には副作用が出ないと言われていますが、実際のところは漢方薬にも副作用は存在します。
例えば、解熱鎮痛を目的とした治療で薬物アレルギーが出た場合、そのアレルギーの症状に対してさらに処置が行われるでしょう。
どのようなことで病院に行ったかが重要で、医師による判断から薬物が用いられ、、さらに可能性のある副作用の情報などが伝えられている場合、その結果としてアレルギー反応が現れれば、ここまでの行程の中に何も問題があることはありません。
ただし、アレルギーを引き起こした患者さんにとっては非常に苦しく、苦痛を伴うものとなるため、当然、医師はそのアレルギーの出方を診て、治療方針が立てられるでしょう。
他の病院で治療を受けていることにより薬物アレルギーを引き起こし、皮膚科などで処置を受ける際は、必ず、それまでの病院で紹介状などを回してもらうことが重要です。
分子標的薬投与の患者に薬物アレルギーとして発疹が現れることがあります。
ただし、このことは、抗がん剤の効果が高い現れであり、今後、アレルギーのコントロールが必要となるため、ステロイドなどの塗り薬が処方されます。
ステロイドにも副作用の原因物質が含まれ、その治療に対するコントロールは出来ても処置の中止が症状の悪化となることがあるので根治は非常に難しいです。