アレルギーといっても一概にまとめることは出来ないくらいたくさんの種類が存在しています。そして抗アレルギー薬はどのようなアレルギーに有効なのでしょうか?詳しく見てみましょう。

抗アレルギー薬はどの範囲まで有効?

抗アレルギー薬を飲むときにビールが禁止なのは何故

薬を飲むときはビールなどのアルコール類は禁止、という話はよく聞きます。それでも酒好きの人や毎晩の晩酌が欠かせない人、接待などの付き合いで飲む場合もあるので少しくらいはいいのではないかと思う方もいるかもしれません。しかし医療機関や薬剤師など薬に携わる方々は薬を飲むときにアルコール類を禁止しています。特に抗アレルギー薬などは普段から服用している人も少なくありません。では何故ビールと薬を一緒に摂取してはいけないのでしょうか。それは人体に危険を伴うからです。その理由をしっかり把握しておくことで何故禁止なのかを理解しましょう。アルコールが分解されるのは肝臓ですが、実は薬を分解するのも肝臓なのです。つまり薬を飲んでお酒を飲むということは肝臓にかなりの負担がかかってきてしまうのです。その結果、身体の中に薬の影響が長時間残ってしまい場合によっては生命に関わる危険も起こりうるのです。また、アルコールが正常に分解されずに悪酔いしてしまうパターンもあります。市販でも販売されているかぜ薬や鼻炎などの抗アレルギー薬には必ずと言っていいほど抗ヒスタミン剤が含まれています。これは通常でも眠くなる成分が配合されていいる場合が多く、抗アレルギー薬を摂取してビールなどのアルコールを飲むとお酒の効果と合わさってかなり眠くなってしまうのです。しかし、必ずしも薬と飲酒が禁止、というわけではありません。薬によってはそれほど影響の出ないものや肝臓のスペックに余裕がある方などは例外になります。しかし肝臓スペックなどは自分で測ることができないので過信をするのはやめましょう。また、医師に相談することで薬の分量を調節してもらえる場合もあります。それでも服用しなければならないということは身体が弱っている証拠なので治療に専念し、完治してから美味しいお酒を飲むことをおすすめします。