アレルギーといっても一概にまとめることは出来ないくらいたくさんの種類が存在しています。そして抗アレルギー薬はどのようなアレルギーに有効なのでしょうか?詳しく見てみましょう。

抗アレルギー薬はどの範囲まで有効?

乳製品原因の食物アレルギーには抗アレルギー薬

特定の食べ物に対してアレルギー症状がでる場合を食物アレルギーといます。乳幼児の時に強い症状が出ても成長とともに治まってくるといわれています。しかし子供の苦しむ姿を見ると心配になります。食物アレルギーの症状としては、個人差があり様々です。じんましんや皮膚の腫れといった皮膚に出る場合やくしゃみや鼻水、咳のような呼吸器に出る場合、下痢や嘔吐などの消化器系に症状がでることがあります。アナフィラキシーショックを起こして重症化することもありますので、様子を観察するようにして下さい。近年では食物アレルギーに関する様々な情報が流されており惑わされてしまうことがあります。ここからは食物アレルギーの症状や治療方法について説明しますのでみていきましょう。食物アレルギーの原因は乳製品や卵、小麦等に含まれているタンパク質が原因として考えられています。赤ちゃんに食物アレルギーが多いのは食物アレルギーに対する抗体を作りやすいこと消化機能の働きが弱いことが原因と考えられています。成長とともに抗体を作る力が弱まり、消化機能も発達してくるので症状は治まってきます。食物アレルギーが全くないのに乳製品等を全く食べないのも問題があります。卵や乳製品は体の成長に必要な栄養素が多く含まれています。乳製品等に食物アレルギーがある赤ちゃんには乳製品を完全に除去し、様子を見ながら成長とともに少しずつ量を増やしていくようにしましょう。病院での治療方法として抗アレルギー薬の飲み薬等が処方されます。抗アレルギー薬には食物アレルギーの抗体を作る力を抑制する働きがあり、アレルギー症状を軽減させます。また、アレルギーによる痒みが強い場合は抗ヒスタミン薬が処方されます。抗アレルギー薬は抗ヒスタミン薬のような強い眠気が出ることはありません。症状によって薬を使い分けるようにしましょう。